不動産会社の繁忙期はいつなのか

こんにちは、しげるです。

どの業界でも、忙しい時期と比較的落ち着いている時期があると思います。

不動産会社にも忙しい時期があります。

不動産会社の場合は、主に賃貸契約が多くなる時期や生活が変化する時期などに繁忙期がきて、時期を過ぎると落ち着きます。

では、不動産会社の繁忙期はいつなのか、紹介していきます。

不動産会社の繁忙期は年に2回ある

出典:フォトAC

賃貸物件を取り扱っている不動産会社の繁忙期は、1月~3月と9月~10月の年に2回です。

なぜこの時期に忙しくなるのかというと、1月~3月は、4月の新年度に合わせて学生さんなど、一人暮らしを始める人が多いからです。

その為、この時期は1年の間で最も忙しくなるのです。

特に学生から新社会人になる人は、上京をする人もいるので一人暮らし用の物件が一番増える時期でもあります。

では、9月~10月が繁忙期になるのかなぜかと言うと、企業の異動シーズンだからです。

この異動シーズンに合わせて転勤をする人が非常に増え、転職先に近い物件を探す人のニーズが高まります。

その為、春先に次いで利用する人が増えるのです。

ファミリーで転勤先に引っ越す人も多くなるので、一人暮らし用からファミリー向けまでの幅広い物件が増えるのも9月~10月の繁忙期の特徴です。

ただし、最も忙しくなる1月~3月に比べると、物件数は少なくなります。

閑散期はいつになるのか

繁忙期があれば閑散期もあります。

もっとも利用客が減るのは6月~8月です。

この時期は、4月の引っ越しシーズンが終了し、異動シーズンになる前の時期なので、引っ越しを考える人は少なくなります。

また、6月~8月は梅雨や猛暑などの気候にも左右されやすい時期ですよね。

雨が続いて引越ししづらかったり、夏の暑い日に大変な思いをしてまで引越しをしたくないと考える人が多いのでしょう。

ただ、繁忙期に比べると引越し業者の費用が安くなりやすいので、ある意味では引越しのねらい目の時期でもあるのです。