不動産会社は大手と地域密着型、どっちを選べばいいの?

出典:フォトAC

こんにちは、しげるです。

引っ越しをするとき、部屋選びに迷うのはもちろんだと思いますが、同時にどの不動産会社にすればいいのかも迷うと思います。

一つの物件に対して複数の不動産会社が存在していることが一般的には多く、不動産会社の対応や強みも個性があります。

では何を基準にして不動産会社を選べばいいのか、ポイントを紹介していきます。

何を基準に不動産会社を選べばいいのか

では、地域密着型と大手、どっちを選べばいいのかですが、まずは地域密着型のメリットを紹介します。

地域密着型のメリットとデメリット

地域密着型の不動産会社の大きな強みは家賃の値下げ交渉が有効に働くことがある、ということです。

地域密着型の不動産会社は、昔からその地域にあるため、部屋を貸してくれる大家との長い付き合いがあることがあります。

その為、大家の特徴を理解しているので家賃交渉がしやすいことがあります。

また、通常は表に出していない掘り出し物の物件を出してくれる可能性もあります。さらに管理している物件が空いたとき、連絡を入れてくれる可能性も高いです。

一方でデメリットは、大家との繋がりを重視している場合、接客対応時に借主側の印象が悪いと物件を貸してくれないこともあります。

大手のメリットとデメリット

次に大手のメリットとデメリットを紹介します。

大手の最大のメリットは、扱っている物件数が圧倒的に多いということです。そのため、新築物件に出会える可能性が増えて、条件にぴったりあう物件を見つけやすくなります。

また、支店も多く、広範囲に渡って物件を探すことができます。

仲介手数料に関しても、大手不動産は入居にかかる初期費用をクレジットカードで支払うことができたり、分割支払いに対応している場合もあります。

地域密着型のメリットとして挙げた「家賃の交渉に有利に働く場合がある」というのは、大手でも積極的に受けてくれることがあります。大手はノルマがあることがあるため、契約を取るために積極的に受けてくれることがあるからです。

ただ、逆を言えば少し強引に営業をされてしまう可能性はあります。中には本当に良い物件でなかったとしても、契約が欲しいばかりに勧めてくるくることもあります。

まとめ

地域密着型と大手、どちらの不動産会社が良いのかどうですが、なるべく雰囲気が良くて笑顔で誠実に接客してくれるところを選ぶと良いでしょう。

そして、それを確かめる一番の近道は、実際に不動産会社に行ってみることです。

不動産会社に行ってみて、接客を受けて、担当者とフィーリングが合うかどうかを確かめてみるのが一番の得策です。

また、部屋はこだわりや妥協とのバランスを取りながら選ぶのが基本ですが、部屋のいい部分だけを紹介してくる不動産会社も中にはあります。

こういう不動産会社はできるだけ避けるようにすると良いでしょう。